No image

もしもの交通事故に備える

突然ですが、車をお持ちの方、ご自身がどんな保険にご加入されているかご存知ですか?車に関する保険は2種類あって、強制加入の「自動車賠償責任保険(以下、自賠責)」と、任意加入の「自動車保険」があります。どちらも、もしもの交通事故に備えた保険ですが、その補償内容には大きな違いがあります。

自賠責は、「被害者」救済のための保険です。自動車を運行中に他人を死傷させた場合の「人身事故」による損害に対して支払われます。そのため、物損事故や、「車」や「物」の損害については支払われません。また、補償についても限度額があり、それ以上は自賠責では賄うことができません。
対物事故イラスト一方、自動車保険は、自賠責で補償されない部分を補てんする役割を持ちます。
そして被害者だけでなく、加害者側の損害に対しても支払われます。
その補償範囲は「人」だけでなく「車」や「物」も対象となります。
交通事故以外にも、車両の盗難や、台風・火事などの災害、単独事故などでも補償されます。
補償の限度額は契約者が決められるため、手厚く補償することができます。
自動車保険の補償内容については、契約内容によって異なってきます。
現在ご加入されている方は、一度契約内容を確認し、どの範囲まで補償されるのかをよく知っておきましょう。
そしてこれから加入を検討される方は、どの範囲まで補償してほしいのか、をよく考えて契約されることをおすすめします。

自動車を運行する上で、思いがけず交通事故に遭遇することがあります。ある時は加害者、またある時は被害者、の立場になることも考えられます。万が一の交通事故のためにも、強制保険の自賠責だけではなく、任意保険の自動車保険へも加入しておきましょう。